We went out with Chara on a summer day when the sun was shining. I'm a little sorry for 19-year-old soft skin. I asked Aya-chan's hometown to pick me up for my bicycle. You live in a peaceful place. No way, your home is shown. I forgot that it's a residential area because my legs are beautiful, so I flipped over my skirt and squeezed my face on my butt.

ジリジリと日差しが照りつける夏日にアヤちゃんとチャリでお出かけしました。 19才の柔肌にはちょっと可哀そうかな。 自転車に乗ってきてもらうということでアヤちゃんの地元までお迎えに行きました。 のどかなところに住んでるんだねぇ。 まさか、貴方のお宅が写っちゃってたりして。 足がキレイだからつい住宅街だということを忘れてスカートをめくって尻に顔をうずめちゃいました。